資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

富田の無料メール講座の無料オファー

侍くん侍くん

「社会福祉士国家試験」を受験された方の

反省点やアドバイス

について、説明させていただきます。

勉強を始めた時期は?

・夏、秋ごろから始めた。

・年末年始にまとめて勉強した。

・約2年かけて、少しづつ勉強した。

勉強方法は?

・過去問題、模擬問題を繰り返しした。(3年分を)

・苦手な科目を繰り返し勉強した。

・全体像をざっくりつかんでから、細部の学習にとりかかった。

・しっくりくる参考書を1冊使い倒した。

・パソコンでウェブ講座を視聴。

・マークシートに慣れるようにした。

・解答を精査し、解答の解説を読み込んだ。

・勉強は、ほぼ毎日 1 時間以上した。

・ポイントを絞った学習をする。

・1 ヶ月、1 週間、1 日というスパンでタイムスケジュールを作った。

・自分の得意、不得意な科目を知ること。

受験対策講座、模擬試験等は?

・模擬試験や模擬問題集は、傾向がわかるので受けたほうが良い。

・国家試験では、時間配分が上手くできた。

・模擬試験は、様々なところで行われているので、数回受けて、本番に向けて慣れておくことも大切。

・模擬試験まで、一問一答をした。

・5択問題や模擬試験を見直した。

・短期集中型では、しんどい。

・仕事と勉強の両立は難しい。

養成施設について

・スクーリングは仕事上大変勉強になった。

・社会福祉士としての知識や力量を高めることができた。

・モチベーションを維持するにはよい。

・2年でも時間が足りなかった。

・勉強になった。

・他の受講生さんと交流ができ、励みになり、刺激になった。

・日々の業務において、専門的な実践を心掛けるようになった。

・知識を広げることにより支援に役立てた。

・受講費用が高い。

・受講費が安い。

・科目免除があってよかった。

・仕事と学習を両立できる。

・視点が変わり、視野が広がった。

・専門性、意識改革に必要と感じる。

・質の良い研修が多かった。

・福祉職としての土台作り。

・効率的に学べた。

国家試験受験当日について

・試験中は、咳き込む人や離席する人、雑音が想像より大きく、気になってしまった。

・選択問題で迷うことが多く、確実な知識、理解が必要と思った。

・とにかく、時間が来るまで粘る。

・時間配分がわからなかった。

・強い気持ちを持ってのぞむ。

まとめ

計画を立てて、

コツコツ取り組んでいくこと

※試験日が押し迫ってきてもあせらないように。

②教科書、参考書を絞って勉強する

※あれもこれもと手を広げるとややこしいことに。

過去の問題を繰り返し解く

※傾向と対策、時間配分がわかる。

④養成施設などでの経験を活かす

※人脈、経験、交流は大切。

⑤当日は、体調に気を付ける

※ベストな状態で挑む。

強い気持ちをもって試験に挑む。

※あきらめない、合格してやるという気持ち

 

以上、参考にしてみてください。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。