資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!
介護時の身体の負担を軽くする。

「アシストスーツ」

についてです。

富田の無料メール講座の無料オファー

アシストスーツ

徳島県立工業技術センターは、介護時の身体の負担を軽くする「アシストスーツ」の技術開発を進めている。

これまでにスーツによる軽減効果を数値化する手法の確率と、軽量な薄型モーターの開発に成功した。

重労働の介護現場などでの需要が見込まれる中、県内製造会社の技術力を生かし、安価なスーツの実用化を目指している。

介護用の「アシストスーツ」は、介護者が高齢者らを持ち上げる時に、モーターが作動して動きを補助する。

徳島県立工業技術センターは、これまでスーツの負荷軽減効果を測る基準が、感覚に頼った官能評価しかなかった点に着目した。

徳島大の高岩昌弘教授(知能機械学)と共同で、人の動きをデータ化して画面上に再現する「モーションキャプチャー」という技術を使って、腰にかかる負担を分析し、スーツによってどの程度負担が軽減されるかを数値化する手法を編み出した。

軽減効果の数値化によって、スーツの効率的な改良や、販売促進に役立てられる。

また、市販のモーターを使ったスーツは、重く、身体を動かしやすいなどの難点があることから、薄型で重さが約1㎏と軽いモーターも開発した。

徳島県立工業技術センターと共同研究に当たっている県内の自動車関連部品メーカーがこのモーターを使った新型スーツを試作した。

腰の負担軽減効果を数値的に確認しており、今後は低コスト化を目指す。

既存のスーツは、代表的な商品の場合、価格が数百万円に上るため、部品を減らすなどしてコスト削減に取り組み、普及を図る。

介護現場では、高齢者を車いすからベッドに移したり、入浴介助したりする際の介護者の身体の負担が大きく、「アシストスーツ」の普及が期待されている。

開発の担当者は、「県内ものづくり企業の力を介護現場などの課題解決に役立てるとともに、都市部に負けない開発力を徳島から発信したい」と話す。

 

腰痛発生について

職場での腰痛は、休業4日以上の職業性疾病のうち「6割」を占める労働災害となっている。

 

主に重量物を取り扱う事業所などに対して、多いケースであったが、近年は、高齢者介護などの社会福祉施設での腰痛発生件数が大幅に増加している状況である。

このような状況を受け、福祉・医療分野等における介護・看護作業全般に対象を広げるとともに、腰に負担の少ない介護助法などを加えて改正を行っている。

 

腰痛の発生要因

動作要因

腰部に過度の負担を加えることが要因

環境要因

腰部への振動、温度、転倒の原因となる床・階段の状態などの要因

個人的要因

年齢、性別、体格、筋力、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症等の既往症、または、基礎疾患の有無などの要因

心理的・社会的要因

職場の対人ストレス等に代表される要因

上記のように、さまざまな要因が挙げられる。

 

補助器具を導入することで、費用は掛かるが、働く人の立場になれば、アシスト器具は助かると思う。

腰痛を減らし、安心して働ける場を検討していく必要がある。

 

以上、「アシストスーツ」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。