資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

少子・高齢化社会!

この社会で、必要とされている資格!

介護の仕事をされる方に必要な資格!

取得しやすい資格!

それが、「介護職員初任者研修」です。

富田の無料メール講座の無料オファー

介護職員初任者研修とは?

介護の仕事は大きく分けると、「生活介護」「身体介護」の2種類あります。

「生活介護」:掃除や洗濯・料理などを支援する

「身体介護」:利用者さんの食事・入浴・排泄などの日常生活を支援する

利用者さんのお宅を訪問して行う「訪問介護」老人施設などの「施設介護」などです。

 

以前は、「ホームヘルパー資格」の1級・2級・3級や「介護職員基礎研修」がありました。

現在は、制度変更により、「介護職員初任者研修」が、入門的な資格となっています。

3ヶ月程度で取得可能な「介護のスタート資格」です。

以前あった、施設実習がなくなり、新たに研修終了後の試験があります。

「介護技術や介護理念の基礎をしっかり学び、身につけるための資格試験」です。

メリットは?

・介護の資格保持者となり、自信をもって、仕事ができます。

・資格手当などがつく場合もあり、給料がアップします。

・未経験でも、学歴も、年齢も関係なく取得できます。

・通信講座、短期集中講座、夜間開校の講座など、さまざまな種類があるため、仕事をしながら、主婦の方でも取得しやすい資格です。

・介護の知識や理念を学ぶことが出来ます。

・利用者さんへの関わり方、接し方が学べます。

キャリアアップは?

資格取得することで、正社員にもなりやすく、リーダーや管理者へキャリアアップの可能性も広がります。

「介護職員初任者研修」は介護の入門資格です。

「実務者研修」を経ることで、介護の実務経験を3年すると「介護福祉士」(国家資格)の受験資格を取得することが出来ます。

働く場は?

超高齢化社会になっている現在、介護人材は圧倒的に不足しています。

求人も多く、資格を持っている方は、就職に有利です。

「訪問看護」「施設介護」などで仕事ができます。

「介護職員初任者研修」のカリキュラム

・ベッドから車いすへの移乗

・身体の不自由な方の着替えの援助

・食事介助

・入浴介助

・ベッドでの洗髪

など、利用者さんの介護の状況に合わせた実践的な内容です。

実技演習もあるので、すぐに現場で活かすことが出来ます。

受験資格・試験内容・合格難易度は?

受験資格

経験・学歴・年齢は、関係なく受験できます。

試験内容

130時間の講義を受講します。

科目 時間数
職務の理解 6時間
介護における尊厳

の保持・自立支援

9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービス

の理解と医療との連携

9時間
介護における

コミュニケーション技術

6時間
老化の理解 6時間
認知症の理解 6時間
障がいの理解 3時間
こころとからだの

しくみと生活支援技術Ⅰ

(基礎知識の学習)

12時間
こころとからだの

しくみと生活支援技術Ⅱ

(生活支援技術の学習)

53時間
こころとからだの

しくみと生活支援技術Ⅲ

(生活支援技術演習)

10時間
振り返り 4時間
合計 130時間

※自宅学習と通学での学習の合計時間数です。

全てのカリキュラム終了後に「筆記試験」を受けます。

合格難易度

合格基準は、70%程度です。
多肢選択方式が多いようです。

受講料

各研修実施校によって違いますが、研修・試験を含めて、「6万円~15万円」程度のところが多いようです。

 

参考にしてみてください。

以上、「介護職員初任者研修」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。