資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

介護職にもいろいろあります。

入所されている方の介護をする方。

通所されてくる方の介護をする方。

訪問して介護をする方。

この介護職について、説明させていただきます。

富田の無料メール講座の無料オファー

入所介護施設の介護職

仕事内容は?

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、認知症グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ショートステイなどの入所型の老人施設で介護をされる方の仕事内容についてです。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(通称:特養)は、認知症や寝たきりの方など、要介護度の高い方が、入居する介護施設のことです。

運営は、自治体や社会福祉法人が多いです。

そこで働く介護職員の主な仕事は、利用者さんの日常の生活を支援することです。

具体的には、身体介護(食事介助、排せつ介助、入浴介助など)、口腔ケア、衣服・寝具の交換、レクリエーション、外出、イベント、介護記録の作成などがあります。

介護老人保健施設

介護老人保健施設(通称:老健)は、リハビリや医療ケアによって機能を回復し、自宅へ帰ることを目標とする介護施設のことです。

利用者さんの機能回復や自宅復帰をするためのサービスが求められています。

そこで働く介護職員の主な仕事は、利用者さんの日常の生活を支援することです。

具体的には、身体介護(食事介助、排せつ介助、入浴介助など)、口腔ケア、衣服・寝具の交換、レクリエーション、リハビリ、外出、イベント、介護記録の作成などがあります。

リハビリ計画に沿って、その方に応じた運動やマッサージなどを中心に行います。

有料老人ホーム

有料老人ホームは、利用者さんに、きめ細やかで丁寧な介護サービスや生活支援を行う老人施設です。

民間企業の運営が多いです。

そこで働く介護職員の主な仕事は、利用者さんの日常の生活を支援することです。

具体的には、身体介護(食事介助、排せつ介助、入浴介助など)、口腔ケア、衣服・寝具の交換、レクリエーション、リハビリ、外出、イベント、介護記録の作成などがあります。

認知症型グループホーム

認知症型グループホームは、認知症の方々が、9名までの一つのユニットとしたグループで共同生活をするところです。

そこで働く介護職員の主な仕事は、利用者さんの日常の生活を支援することです。

具体的には、身体介護(食事介助、排せつ介助、入浴介助など)、口腔ケア、衣服・寝具の交換、レクリエーション、リハビリ、外出、イベント、介護記録の作成などがあります。

特に、認知症の利用者さんと一緒に料理を作ったり、掃除や洗濯、外出などを楽しんで、認知症の進行を少しでも遅らせようとその方の過去の経験や趣味を活かした役割を持っていただけるような取り組みをしています。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅(通称:サ高住)は、バリアフリーに対応した高齢者向けの住宅です。

入居出来るのは、60歳以上で自立~軽度の要介護の方までとなっています。

ほとんどの方が自立した生活を送っています。

そこで働く介護職員の主な仕事は、身体介護は、あまりなく、食事提供、安否確認や見守り、生活相談といった仕事です。

訪問介護に行くという感じになります。

ショートステイ

短い期間の入所で介護や機能訓練を行うのが、ショートステイです。

ご家族の出張や旅行時、介護負担を軽減するために利用できます。

利用される方は、慣れない場所での不安、不眠、疲労、食欲不振など起こしやすくなります。そういった、利用者さんの特徴や好み、健康面をサポートすること、配慮することが必要になる仕事です。

 

通所介護施設の介護職

仕事内容は?

日中の時間帯に、食事や入浴、機能訓練を行うのがデイサービスです。

自宅で生活している高齢者が通ってきます。

送迎をしてくれるところもあります。

その送迎時の介助、食事提供や排せつ介助、入浴介助、そして、レクリエーション、外出支援などが主な仕事です。

こもりがちな高齢者さんが、デイサービスを利用し、レクリエーションで楽しんでいただくことが重要となります。

折り紙や絵、体操やカラオケ、園芸や地域交流イベントなど様々な工夫がされています。

 

訪問介護の介護職

仕事内容は?

ホームヘルパー(訪問介護員)は、自宅で暮らす要介護の利用者さんの日常の生活の支援をする仕事です。

利用者さんとその家族と話し合って決めた計画に沿って、自宅を訪問し、その方が必要な介護サービスを提供します。

 

主に行うのが以下の3つです。

①身体介護

食事・排せつ・着替え介助・入浴などの身体介護。

この中には、準備や片付け、治療食・流動食の調理も含まれています。

 

②生活援助

掃除・洗濯・調理・買い物など家事の援助。

 

③通院などの付き添い

利用者さんの通院の付き添い。

移動、受診手続きなどをします。

 

ホームヘルパーは、要介護者や家族に生活上のアドバイスや精神的なサポートをすることも重要な役割です。

資格は?

介護をするうえで必要な知識を得ておくことは、いろんな面で有利です。

介護職員初任者研修

介護職としての初心者向けの資格です。

取得しやすい介護の民間資格です。

実務者研修

介護職員初任者研修のワンランク上の民間資格です。

介護福祉士を受験する際の受験資格となります。

医療的な内容も習得できます。

介護福祉士

国家資格です。

実務経験や研修などを経て、国家試験を受験することで取得できます。

 

やりがいは?

・利用される方との信頼関係ができた時の喜び。

・同僚とともに、学び合い、教え合い、助け合えること。

・利用者さんに喜んでいただける。

 

なんといっても

「ありがとう!!」

この一言を言われたら、感動もの!!

給料は?

平成29年度の厚生労働省のデータによると

介護職員の平均給料は、「約29万円」

となっていました。

参考にしてください。

まとめ

介護職は、

・入所型、通所型、訪問型の3つある。

・身体、生活、付き添いなどの介護がある。

・資格を取得することでキャリアアップができる。

・高齢者が安心して生活できるための介護。

・「感謝の言葉」は、感動もの

という仕事だと思います。

 

以上、「介護職」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。