資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

侍くん侍くん

ピアカウンセラーっていったい何?

どういう内容?

について説明させていただきます。


富田の無料メール講座の無料オファー

概要

職場などの人間関係において、「うつ病」「パニック障害」など、いろんなストレスや悩みを抱えている方が多いと思います。

そんな方に、どう接すればよいのか?どう関わったらよいのか?戸惑ってしまう場面ってあると思います。

近くにいる方が、メンタル的に弱くなっている時に、その方を理解し、助けてあげる、そばに寄り添ってあげる。

これが、「ピアカウンセラー」です。

背景

ピアカウンセリングは、1970年代初めにアメリカで活発になった「自立生活運動」がきっかけ。

「自立生活運動」とは、障害を持つ人自身が自己決定権・自己選択権を得て、隔離されることなく、社会へ平等に参加することを目指すもの。

「ピアカウンセリング」は、自立生活運動における仲間の基本姿勢。

ピアカウンセラーとは?

ピアカウンセラーの「ピア」(peer)とは、

 

「仲間」「対等な立場の人」

 

という意味です。

 

ピアカウンセリングとは、同じような立場や悩みを抱えた人たちが集まって、同じ仲間としておこなうカウンセリングのことです。

 

同じ立場や体験をした仲間だからこそ分かり合える、心の支えになることができるということが基本です。

目的は?

①悩みを共有し、共感できる仲間を持つ

周囲の方に理解してもらえず、自分自身を否定しがちになります。

同じ悩みやつらさを体験した人の話を聞くことで、本当の共感ができます。

「この人なら自分の話をわかってくれる」と本音で話すことができます。

ありのままに自分をさらけ出し、ありのままの自分でいることができるそんな場所を得ることで、自分で自分を受け入れることができるようになります。

②情報交換を行う

ピアカウンセリングのピアカウンセラーは、同じ経験をしてきた仲間です。

そこで、話をすることで情報を交換することができるのです。

一人で悩まずに話すことで解決する方法などがわかってくるのです。

どういうことをするの?

・自分を信じる力を回復するためのサポート

・人権を守る、自分の意識をつくるためのサポート

・自分で生活するためのサポート

・悩みやつらさに対するサポート

・人間関係や生活するために必要な精神的サポート

・その人が必要としていることに対する相談、情報提供

平等に、対等に、力と時間を使い、自立した生活の実現をサポートすることです。

方法は?

相手の話を

しっかりと聴くこと(傾聴)が基本!!

①質問

・「はい」「いいえ」の質問

・説明してもらう質問

・選択してもらう質問

必要な情報を得られるようにする。

②アドバイス

・同じ体験を話す

・こうしてみては?と提案する

・なぜそうした方がよいかを話す

③間の取り方

・相手の話を待つ間

・伝えたいときの間

・話を変える間

④反映

・相手の話を繰り返す

・共感する

・客観的にみる

効果は?

①自分の気持ちが楽になる

②自分に気づくことができる

コミュニケーションができる

実践する上でのルールは?

①批判や否定をしない

②どういう気持ちか?を聞き出す

③私も同じだったと共感する

まとめ

人は、きちんと話を聞いてくれたり、「私もそうだったよ!」「こうしたよ!」という話を聞くことで、心・気持ちが楽になります。

それによって、自分の悩み・つらさを話すことができるようになります。

このコミュニケーションをすることで、自分に気づき、自分の力で頑張っていけるようになると思います。

基本は、

 

よく聴くこと(傾聴)

同じ想いや体験を共に感じること(共感)

 

が大切であると思います。

「ピアカウンセラー認定講座」を受講することで、資格認定を得ることができるようです。

 

以上、「ピアカウンセラー」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。