資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

侍くん侍くん

ケアマネージャーとは?

どんな仕事?

活躍の場は?

魅力は?

なるには?

給料は?

について、説明させていただきます。


富田の無料メール講座の無料オファー

ケアマネージャーとは?

簡単にいうと、介護を必要とする人と福祉サービスをする人との

「架け橋」となる方のことです。

 

「介護支援専門員」が正式名称です。

「ケアマネ」「ケアマネージャー」と呼ばれています。

 

国家資格ではありません.

簡単には、取得できない資格ですが、価値のある資格です。

 

介護を必要とする方、その人に応じたケアプラン(計画)をつくり、福祉・医療・保健などのサービスの調整を行い、

きちんとサービスができているか?効果が出ているのか?をチェックする事が仕事です。

 

介護保険サービスの要となる人です。

どんな仕事?

介護を必要とする方への

「ケアプラン」(計画書)をつくります。

 

そのために、介護関係者、医療関係者、ご本人、その家族などと話し合いを行います。

 

これによって、その人の状態に応じた福祉サービスをどのように提供するのか?ケアプランを作成するのです。

 

定期的にケアプランを見直し、きちんとサービスができているか?をチェックします。

 

変更があれば、話し合いを行い、ケアプランをつくり直します。

 

利用者さんと面談をしたり、関係する機関と連絡・調整をしたりすることが主な業務です。

活躍の場は?

・居宅介護支援事業所

・地域包括支援センター

・介護老人福祉施設

・介護老人保健施設

・介護療養型医療施設

・老人ホーム

・老人グループホーム

・老人ケアハウス

・社会福祉協議会

・保健福祉センター

・保健センター

など、幅広くあります。

魅力は?

介護を必要とする方へ、どのようなサービスをすればよいのか?を考える仕事!

 

利用される方のために、喜んでいただくためにする仕事!

 

「やりがい」はあると思います。

 

社会的ニーズが高く、取得しておくと

就職や転職、結婚・出産後の再就職にも有利

になります。

 

介護福祉士などからケアマネージャーへとキャリアアップすると、

仕事の幅が大きくなります。

なるには?

ケアマネージャーになるにはどうすればよいのか?

 

介護支援専門員の資格が必要です。

①介護福祉士・社会福祉士・看護師など保健・医療・福祉系の国家資格を持ち、それに基づく業務に5年以上従事していること。

②生活相談員や支援相談員として、相談援助業務に5年以上従事していること。

などが主な条件です。

 

これらの経験を経て、「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格を得ることができます。

試験は?

・試験は、年1回実施(10月ごろ)しています。都道府県が管轄・実施しています。

 

・試験地は、申し込み時点で、従事している場合は、勤務先のある都道府県。従事していない場合は、居住している都道府県。となっています。

 

・願書受付は、試験の2~4ヶ月前(ほとんどの場合、締め切りが6月下旬~7月下旬となっています。)

 

・合格発表は、試験の1~2ヶ月後

 

・試験方式は、選択式で、ほとんどの場合、マークシート方式が採用されています。

 

・試験時間は、120分

 

・出題内容は、計60問(介護支援分野25問・保健医療サービス分野20問・福祉サービス分野15問計60問)となっています。

 

詳細は、受験地の各都道府県の担当部署にご確認ください。

 

この試験の合格後、「介護支援専門員実務研修」(87時間の研修)を全日程受講して終了となります。

 

各都道府県に登録申請を出し、受理されると都道府県知事が発行する「介護支援専門員証」が交付されます。

 

これで、「介護支援専門員」(ケアマネージャー)としての資格を取得することができます。

 

取得し、登録後、5年ごとに更新手続きが必要となります。

合格率は?

合格ラインは、6~7割程度(問題の難易度で補正される場合あり)となっています。

「介護支援専門員」の試験は、年々、難しくなっていると言われています。

平均合格率は、平成27年度:15.55%。平成28年度:13.1%となっています。

給料は?

介護職の平均給与は、右肩上がりになっていますが、介護職全体の中では、決して高い水準とはいえません。

 

全国平均で見ると(介護労働実態調査より)

介護職員:22.5万円に対して、介護支援専門員:26.5万円となっています。

 

以上。「ケアマネージャー」についてでした。

参考にしてみてください。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。