資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

精神保健福祉士とは?ナニ?

共通科目免除っていったいナニ?

について、説明させていただきます。

富田の無料メール講座の無料オファー

侍くん侍くん

精神保健福祉士とは?ナニ?

共通科目免除っていったいナニ

についてです。

精神保健福祉士とは?

精神保健福祉士は、社会福祉士、介護福祉士と並ぶ

福祉の国家資格(三福祉士)のひとつ

であります。

精神保健福祉士は、

精神障がいのある人を対象とした

ソーシャルワークに従事する専門職としての「国家資格」です。

※精神障がい者とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する方を言います。

仕事内容は?

精神保健福祉士の仕事内容は、

精神障がいのある人に関する専門的知識及び技術をもって、

精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受けている人や社会復帰を目的とする施設を利用している人の地域生活に関することなどの

相談に応じ、助言指導

日常生活への適応のために必要な訓練やその他の援助を行うことです。

活躍の場は?

精神保健福祉士の活躍の場は、

精神科ソーシャルワーカーがありますが、それだけではありません。

就労移行支援事業所

就労継続支援事業所

地域活動支援センター

グループホームといった障害福祉サービス事業所の生活支援員などのスタッフ

生活保護法の救護施設や更生施設の生活指導員などのスタッフ

相談支援事業における相談支援専門員などのスタッフ

保健所、福祉事務所、精神保健福祉センターなどの相談職

精神障がい者の支援を行っている通所、入所の社会復帰を目的とする事業所

地域の相談支援事業所

裁判所での心神喪失者医療観察法審判における精神保健参与員

精神障がいのある人が入所している医療少年院や刑務所

その他、法務省の保護観察所において、重大な罪を犯した精神障がいのある人を対象とした精神保健観察の業務を行う社会復帰調整官

また、依存症の自助グループに、精神保健福祉士の資格のあるスタッフが活動している場合もあります。

その他、企業等においてのメンタルヘルスを担う職種

スクールソーシャルワーク

などが挙げられます。

今後も精神保健福祉士の職域は広がっていくものと思われます。

PSW(Psychiatric Social Worker)の資格である精神保健福祉士という点では、

社会福祉士と比較して、

業務独占的色彩の強い資格であるといえます。

精神保健福祉士と社会福祉士

ソーシャルワーカーの国家資格は、

「精神保健福祉士」と「社会福祉士」です。

精神保健福祉士と社会福祉士との業務の違いは?

精神保健福祉士は、

精神に障がいのある人を対象とする精神障がいに関する専門的なソーシャルワーカーです。

社会福祉士は、

幅広く身体や精神の障がいがあることや環境上の理由によって日常生活を営むのに支障がある人を対象としていることから、

障がい者のみならず、高齢者や児童、低所得者など幅広い人々を対象としたソーシャルワーカーといえます。

精神科ソーシャルワーカーとは?

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)であります。

精神科ソーシャルワーカーとは、ソーシャルワークを担う精神科医療機関で医療チームの一員です。

精神科ソーシャルワーカーは、精神保健福祉士という国家資格ができる以前から精神科医療機関で活躍していました。

名称独占資格である精神福祉士の資格がなくても精神科ソーシャルワーカーを名乗ることは可能です。

しかしながら、現状は、ほぼ100%精神保健福祉士の資格がある人が精神科ソーシャルワーカーとして従事しています。

それは、精神科ソーシャルワーカーが行うSST(Social Skills Training 社会技能訓練)などが診療報酬報酬業務として認められるには、精神保健福祉士や看護師の資格を持つものが行わなければならないからです。

精神保健福祉士の多くが、ソーシャルスキルトレーニングという、精神障がいのある人が社会生活するためのスキルを獲得していく認知行動療法の一種を担っています。

そういった点からも、

社会福祉士が広範囲な

ジェネリック・ソーシャルワーカー

であるのに対して、

精神保健福祉士は精神障がいに関する

スペシフィック(特定の詳細な)なソーシャルワーカー

であるといえます。

精神保健福祉士国家試験とは?

国家試験概要

精神保健福祉士の国家試験は年1回、

平成30年2月3日(土)・4日(日)(社会福祉士との共通科目)に、

7試験地(北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県)

で行われています。

精神保健福祉士の試験科目(専門6科目共通11科目)は次の通りです。

専門科目
1.精神疾患とその治療

2.精神保健の課題と支援

3.精神保健福祉相談援助の基盤

4.精神保健福祉の理論と相談援助の展開

5.精神保健福祉に関する制度とサービス

6.精神障害者の生活支援システム

共通科目
1.人体の構造と機能及び疾病

2.心理学理論と心理的支援

3.社会理論と社会システム

4.現代社会と福祉

5.地域福祉の理論と方法

6.福祉行財政と福祉計画

7.社会保障

8.障害者に対する支援と障害者自立支援制度、

9.低所得者に対する支援と生活保護制度

10.保健医療サービス

11.権利擁護と成年後見制度

問題数は専門科目80問、共通科目83問の計163問

となっています。

精神保健福祉士国家試験の受験資格

1.福祉系4年制大学等で指定科目を履修して卒業
卒業時に受験資格を得ることができます。
もちろん卒業見込みでも受験が可能です。

2.福祉系短期大学等で指定科目を履修して卒業
2年制の場合は2年、3年生の場合は1年の精神保健福祉に関する相談援助の実務経験で受験資格を得られます。

精神保健福祉に関する相談援助を行う職種については厚生省令で定められていて、例えば特別養護老人ホームの生活相談員や地域包括支援センターの介護支援専門員は精神保健福祉に関する援助業務を行う職種にはなりません。

3.福祉系4年制大学等で基礎科目を履修して卒業
精神保健福祉士短期養成施設等(期間6か月以上)を修了することで、受験資格が得られます。

4.短期大学等で基礎科目を履修して卒業
2年制の場合は2年、3年制の場合は1年の相談援助の実務経験があり、精神保健福祉士短期養成施設等を修了することで受験資格が得られます。

5.社会福祉士登録者
精神保健福祉士短期養成施設等を修了することで受験資格が得られます。

6.福祉系以外の4年制大学等を卒業
精神保健福祉士一般養成施設等(期間1年以上)を修了することで受験資格が得られます。

実務経験は必要ありませんが、1年以上の精神保健福祉に関する相談援助の実務経験がない場合は、210時間以上の相談援助実習を行うことが必要となります。

7.福祉系以外の短期大学等を卒業
2年制の場合は2年、3年生の場合は1年以上の精神保健福祉に関する相談援助の実務経験があり、精神保健福祉士一般養成施設等を修了することで受験資格が得られます。

8.精神保健福祉に関する相談援助の実務経験が4年以上
精神保健福祉士一般養成施設等を修了することで受験資格が得られます。

精神保健福祉士養成所は、通信制や、夜間部も多くありますので、働きながら学ぶことも十分可能です。

精神保健福祉士国家試験の難易度・合格率は?

精神保健福祉士国家試験の合格基準は約60%程度の正解を基準として、その試験の問題の難易度によって補正した得点とされているようです。

ですので、6割の得点を得るのが目安であるといえます。

合計163問ですから、98問は正解しないといけません。

また、1科目でも0点であれば不合格になりますから、全体的に得点を得ることが必要です。

合格率は、第20回 精神保健福祉士国家試験で62.9%でした。

共通科目免除とは?

精神保健福祉士の登録を行なった方(または登録申請中の方)は、受験申込時に必要な書類を提出することで、精神保健福祉士との共通科目が免除されます。

免除される「共通科目」は、

1.人体の構造と機能及び疾病

2.心理学理論と心理的支援

3.社会理論と社会システム

4.現代社会と福祉

5.地域福祉の理論と方法

6.福祉行財政と福祉計画

7.社会保障

8.障害者に対する支援と障害者自立支援制度、

9.低所得者に対する支援と生活保護制度

10.保健医療サービス

11.権利擁護と成年後見制度

であります。

また、「社会福祉士」と「精神保健福祉士」との同時受験もできるようです。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。