資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

「社会福祉士国家試験」に合格された方、おめでとうございます。

合格した後、何をどうすればよいのでしょうか?

について、説明させていただきます。

富田の無料メール講座の無料オファー

侍くん侍くん

社会福祉士国家試験に合格した後は、
何を?
どうすれば?
よいのでしょうか?

今度は、「社会福祉士会」への登録が待っています。

社会福祉士会へ登録して、

社会福祉士としての活動を頑張っていきましょう!!

これからが、本番です。

日々、自己研鑽ですよ!!

合格後の手続き

第30回社会福祉士国家試験の合格発表が、

平成30年3月15日(木曜日)にありました。

合格された方は、

日本社会福祉士会、都道府県社会福祉士会」へ

登録する手続きが必要になります。

下記画像のような合格証書が届きます。

平成15年の分ですので、

多少変わっているかと思いますが・・・(´;ω;`)ウゥゥ

①社会福祉士登録簿への登録手続き

厚生労働省より「社会福祉士登録証」が交付され社会福祉士となります。

②各都道府県社会福祉士会への入会手続き

が必要になります。

以下に、手順を記載させていただきます。

 

入会手順

各都道府県社会福祉士会にて入会手続きを行いますが、

一部の都道府県社会福祉士会では、

日本社会福祉士会にて入会手続きを代行しています。

入会申込書を請求します。

必要事項を記入し、

添付書類と一緒に

本会事務局または各都道府県社会福祉士会事務局へ送ります

③都道府県社会福祉士会の会員として登録完了です。

『生涯研修手帳』、『会員証』等がお手元に届きます。

入会金・年会費が引落されます。

 

入会金および年会費

各都道府県社会福祉士会の会費」については、こちらに記載があります。

 

都道府県社会福祉士会の会員になると

・会員証、会員バッジが発行されます。

・ニュース(会員情報紙)が年4回送付されます。

・研究誌『社会福祉士』への論文投稿の機会が与えられます。

・研究誌『社会福祉士』が年1回送付されます。

・研修会・大会等、自己研鑽の機会が豊富にあります。

・社会福祉士学会に研究成果を発表する機会が得られます。

・厚生労働省や各自治体の最新福祉情報が手に入ります。

・IFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)の会員となります。

・会員専用のホームページへアクセスできます。

・全国の会員間でネットワークが作れます。

・出版物が割引購入できます。

 

会員情報について

入会申請に際して取得した情報(写真も含む)及びその後の変更届情報、事業において届出された情報については、日本社会福祉士会及び所属する都道府県社会福祉士会の定款・規則・規程等に定める事務手続、会報誌の発送、その他、会務活動全般(委員会及びそれに準ずる諸活動等)並びにその過去の記録等の管理を目的として必要な範囲で利用します。
また、取得した情報は個人を特定できない状態に処理したうえで、統計等として公表することがあります。

※各都道府県社会福祉士会はそれぞれ独自の活動を行っています。

 

さあ、社会福祉士としての新たな一歩!!

 

あなたにしかできないことをTRY!!

 

頑張ってください。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。