資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!
生活相談員になるには?

資格が必要?

業務内容は?

について、説明させていただきます。

富田の無料メール講座の無料オファー

生活相談員とは?

一言でいうと、「相談の窓口」をする方のことです。

 

・利用者さんの日常生活の相談

・入所、入院などに必要な説明・契約・手続きの相談

・関係機関との連絡・調整

などをすることが仕事です。

 

「生活相談員」という資格名称は存在しません。

「生活相談員」は、職種の一つです。

 

働く場所によって、その呼び方が違ってきます。

 

主に「生活相談員」「支援相談員」「医療相談員」「ソーシャルワーカー」などと呼ばれています。

 

生活相談員

老人福祉法で定められた相談員のことです。

 

支援相談員

老人保健法で定められた相談員のことです。

 

医療相談員

医療機関での入院患者さんに対する相談員のことです。

メディカルソーシャルワーカー(MSW)と呼ばれています。

 

いずれも「資格要件」や「仕事内容」は同じです。

 

働く場は?

生活相談員の活躍の場は、

・デイサービス

・ショートステイ

・医療機関

・介護老人保健施設

・特別養護老人施設

・有料老人ホーム

・軽費老人ホーム

・障害福祉施設

など、多岐にわたっています。

 

配置基準というものがあります。

例えば、

特別養護老人ホームでは、「入所者100人に対して、相談員を1名置くこと」

デイサービスでは、「サービス提供時間を通して、相談員を1名置くこと」

など、必置義務が設けられています。

 

業務内容は?

生活相談員の仕事内容は、

・利用者さんへの説明、契約

・入所、退所などの手続き

・利用者さんやその家族に対する相談

・他職種、関係機関との連絡、調整

・利用者さんの計画書の作成

・苦情等の窓口業務

など、様々です。

業務の幅が広いため、知識と経験が必要になってきます。

 

利用者さんに対するサービスの向上を図るためのキーパーソンです。

資格要件は?

以下の一定の要件があります。

①国が定めるもの

・社会福祉士

・精神保健福祉士

・社会福祉主事任用資格

 

②各自治体独自のもの

・介護支援専門員

・介護福祉士

・老人福祉施設の施設長経験者

・一定期間以上の介護経験のある方

など。

 

やりがいは?

利用される方が、その人らしく生活が送れるように支援ができ、困っていることを解決していく。

それが達成できた時の「達成感」を得ることが出来ます。

 

利用者さん・ご家族・施設・職員などをつなぐ「架け橋」として仕事ができること。

大きな「やりがい」があると思います。

給料は?

平成29年度の「厚生労働省」のデータによると

生活相談員・支援相談員の平均給与は、

「約32万円」

ちなみに介護職員は、「約29万円」

でありました。

参考にしてみてください。

まとめ

生活相談員は、

・利用される方の相談にのることが仕事。

・働く場所によって呼び方が異なる。

・多岐にわたる働く場がある。

・豊富な知識と経験が必要。

・やりがいのある仕事。

・生活するには十分の給料。

であると思います。

 

以上、「生活相談員」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。