資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

富田の無料メール講座の無料オファー

社会福祉士とは?ナニ?

侍くん侍くん

わかりやすくいえば
福祉に関する相談・援助の

「スペシャリスト」
専門職

名称独占の
「国家資格」

のことです。

福祉分野で
重要な役割を担う仕事

をする人のことです。

2018年(平成30年)2月末の時点で、

213,358人

の社会福祉士の登録者がいます。

社会福祉士は、

昭和62年5月の第108回国会において

制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」

で位置づけられた、

社会福祉業務に携わる人の

「国家資格」

です。

 

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、

 

社会福祉士とは

「専門的知識及び技術をもって、

身体上もしくは精神上の障害があること、

または環境上の理由により

日常生活を営むのに支障がある方の

福祉に関する相談に応じ、助言指導

福祉サービスを提供する者又は

医師その他の保健医療サービスを提供する者

その他の関係者との連携及び調整

その他の援助を行うことを業とする者」

 

とされています。

 

社会福祉士資格は、

国家資格ですが医師や弁護士のように

「業務独占」の資格でなく、

 

「名称独占」の資格です。

 

「名称独占」とは、

資格をもたない者が、「社会福祉士」という名称を

勝手に使用してはならないということで、

社会福祉士資格をもっていなければ、

上記の業務につけない

ということはありません。

 

しかし、

社会福祉士資格をもっていることは、

 

専門職としての

水準の高さを表すもの

 

であり、

今後、有資格者が増加すれば、

将来的に実質的な業務独占状態になること

が考えられます。

私の体験から

 

私は、福祉施設で働きながら、

1年6ヶ月の社会福祉士養成施設(通信)を

受講して受験資格を得たのち、

社会福祉士国家試験受験という流れでした。

 

取得しようとしたきっかけは、

初めて就職した社会福祉施設(障害)の

施設長からの一言でした。

福祉のことが何もわからない私は、

 

施設長より

 

「専門性を高めるために

自己研鑽

をしなさい!」

 

というアドバイスを受け、

 

よし!資格を取ろう!!

 

と思い、

 

福祉に関係する資料を探しました。

 

そこで目にしたのが

 

「社会福祉士」という国家資格

 

でした。

当時の「日本精神薄弱者福祉協会

(現:日本知的障害者福祉協会)」

が行っていた

「社会福祉士養成所 通信課程(1年6ヶ月)」

を受講しました。

 

この講座は通信講座であり、

送られてきたテキストを読み、

ある課題についてのレポートを提出し、

添削を受け、評価を得る

というものでした。

 

その他に、

東京に2回(冬、夏)

スクーリング(直接受講する)

がありました。

 

これをクリアする事で

 

「社会福祉士国家試験の受験資格」

 

を得ることができました。

 

社会福祉士国家試験は、

住んでいるところから

近い会場で受験しました。

4回受験して、

4度目でなんとか合格しました…(〃▽〃)ポッ

仕事をしながら、子育てをしながら

であったため思うように

学習が進まなかったです。

(言い訳ですが…(*ノωノ))

 

しかし、

「社会福祉士」を

 

絶対取ってやるという気持ち

 

を持ち、頑張ったつもりです。

 

社会福祉士の国家資格取得を目指している

あなた!!

あなたの目ざしている福祉とは何ですか?

利用者さんのために。

利用者さんの手助けができるように。

利用者さんの喜ぶ笑顔を見るために。

 

利用者さんのことを一番に考えた福祉。

これを目指してみてはいかがでしょうか?

 

あなたしかできないことが

きっと見つかると思います。

 

是非「社会福祉士国家資格」取得に向けて

頑張ってください。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。