資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

侍くん侍くん

会社員で、働きながら、

社会福祉士の資格を取得したい!!

福祉の現場で働きながら、

社会福祉士の資格を取得したい!!

とにかく、

社会福祉士の資格を取得したい!!

と思っている方、たくさんいらっしゃることと思います。

そんなあなたへ、働きながら、

社会福祉士の資格を取得するには、どうすればよいか?

を説明させていただきます。

富田の無料メール講座の無料オファー

社会福祉士になるには

社会福祉士になるには、

社会福祉士国家試験を受験し、合格する必要があります。

社会福祉士国家試験を受験するためには、

社会福祉士国家試験受験資格を得る必要があります。

まず、あなたが社会福祉士国家試験の受験資格のどれに当てはまるか?を調べてみましょう!!

受験資格とは

社会福祉士の受験資格取得ルート図には、以下のように記載されています。

 

・第1号の

で社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第2号の

福祉系大学等(4年)の基礎科目を履修された方

は、短期養成施設等(6ヶ月以上)に行き、修了もしくは、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第3号の

一般大学等(4年)を卒業もしくは、卒業見込みの方

は、一般養成施設等(1年以上)に行き、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第4号の

福祉系短大等(3年)の指定科目を履修された方で、卒業してから、相談援助実務(1年)された方

は、社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第5号の

福祉系短大等(3年)の基礎科目を履修された方で、相談援助実務(1年)された方

は、短期養成施設等(6ヶ月以上)に行き、修了もしくは、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第6号の

一般短大等(3年)を卒業してから、相談援助実務(1年)された方

は、一般養成施設等(1年以上)に行き、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第7号の

福祉系短大等(2年)の指定科目を履修された方で、卒業してから、相談援助実務(2年)された方

は、社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第8号の

福祉系短大等(2年)の基礎科目を履修された方で、卒業してから、相談援助実務(2年)された方

は、社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第9号の

社会福祉主事養成機関を修了された方で、相談援助実務(2年)された方

は、社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第10号の

一般短大等(2年)を卒業してから、相談援助実務(2年)された方

は、一般養成施設等(1年以上)に行き、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第11号の

は、一般養成施設等(1年以上)に行き、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

・第12号の

5つの福祉司としての実務(4年)された方

は、短期養成施設等(6ヶ月以上)に行き、修了もしくは、修了見込みで社会福祉士国家試験を受験できます。

 

※5つの福祉司とは、児童福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事の方のことです。

というように「12通りの受験資格」があります。

 

ご自身に当てはまる「受験資格」を確認していただき、

 

「社会福祉士への道」

 

を歩んでください!!

 

参考にしてみてください。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。