資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

社会人が技術や知識を大学などで学び直すために長期休暇を認める!?

何のことなのだろう?!

富田の無料メール講座の無料オファー

概要

政府は、社会人が仕事に役立つ技術や知識を大学などで学び直す「リカレント教育」の普及に向け、従業員に長期休暇を認めた企業への助成制度を2019年度に新設する方針を固めたそうです。

また、高齢者雇用に積極的な企業への支援策も拡充するようです。

年齢に関係なく挑戦できる社会を目指す安倍政権の看板政策。

「人づくり革命」

の一環で厚生労働省が、財務省に提出する2019年度の予算の概算要求に盛り込むようです。

リカレント教育

社会人が仕事に役立つ専門的な知識や技術を大学などで改めて習得するための教育のことです。

専門的な知識や技術を身に付けてもらい、仕事の実力向上や有利な転職につなげるという狙いがあるようです。

リカレントは、英語で「再発する」「循環する」を意味します。

超長寿社会を迎える中、年齢を問わずに新たな挑戦ができる社会を目指す安倍晋三首相の看板製作「人づくり革命」の一つに位置付けられています。

政府は、働く人のキャリアアップや転職、職場復帰につなげたい考えのようです。

国が指定する大学などの講座は、雇用保険を財源とする教育訓練給付制度によって受講料の補助を受けられるようです。

政府は、社会人の費用負担を軽減して多様な学び直しを促すため、対象講座を拡大するそうです。

助成金の額や対象範囲など具体的な制度設計は、今後、詰めていくようです。

助成制度

中小企業の従業員が技能習得のために休暇を取得する場合、3年間で5日以上の休暇に対して最大36万円が企業に支給されるという内容のものがあります。

比較的短期間で済む検定の取得などが想定され、長期休暇が必要な「リカレント教育」への対応が難しい懸念があったようです。

新しい助成制度は、休暇期間の最低水準を「数ヶ月以上」へ引き上げ、より長期の休暇を促す方針のようです。

高齢者雇用

高齢者雇用促進では、65歳以上がやりがいを持って働くことを狙った報酬体制や能力評価制度を導入する企業に関連費用を補助するようです。

はじめて高齢者を採用した場合の助成も検討するそうです。

 

内閣府の調査では、60歳以上のうち65歳超でも働く意欲がある人は、約66%だそうです。

しかし、総務務省統計によると働く65歳以上は、実際には約25%にとどまっているそうです。

定年後の継続雇用は、能力などを反映しない一律賃金が多く、就労意欲と就業率の差の一員になっているとの指摘があります。

政府は、人手不足に対応するためにも、助成拡充により、眠っている労働力を堀り起こす考えがあるようです。

まとめ

・社会人の学び直しに助成がつく。

・それにより長期休暇が取れる。

・高齢者雇用も助成が拡がる。

という内容でした。

 

以上、「社会人学び直し」についてでした。

 

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。