富田の無料メール講座の無料オファー

タバコを吸っているあなた?!

やめたくても・・・!

ついっ!!

そんなあなたに。

資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】~ 分割払いに対応!

禁煙のススメ!!(禁煙治療とメリット)

2つの依存症

タバコがやめにくいのは、

ニコチン依存

心理的依存

のためと分かってきました。

 

タバコを吸い始めると、

脳細胞の表面に特殊な

ニコチンレセプター(ニコチンの受け皿)

が形成され始めます。

 

これがニコチン依存という病気の本体です。

 

さらに、

同じ動作を繰り返すことによる習慣化や

「仕事で行き詰った時に吸ったらうまくいった」

といった記憶が心理的依存として加わることで、

ますます禁煙が困難になっていきます。

 

禁煙にチャレンジ

禁煙にいたる道のりにはいくつもの種類があり、

「禁煙外来を受診して禁煙の薬を利用する」

「薬局で禁煙の薬を入手する」

「インターネットの禁煙支援サイトを利用する」

など、

いろいろな方法が選べる時代になりました。

 

1990年代から開発された禁煙の薬はいずれも、

ニコチン切れを軽減して

禁煙の開始を助けるもので、

日本では「ニコチンパッチ」という貼り薬と

「バレニクリン(チャンピックス)」

と呼ばれる内服薬、

さらに「ニコチンガム」の

3種類の薬を用いることができます。

 

どの方法が自分に適するかは、

かかりつけ医やかかりつけ薬局で

相談できます。

 

いったん始めた禁煙をうまく続けるには、

周囲からの励ましが重要になります。

 

周囲に禁煙にチャレンジしている人がいれば、

ぜひ、励ましてあげてください。

FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼントキャンペーン

数字の小さいタバコ

少しでもタバコの健康影響を減らそうと、

パッケージに表示されている数字

(タール、ニコチンの含有量)

の小さいタバコに替える人がいますが、

意識せずとも深く吸ったり、

何度も吸ったりと

吸い方が変わってしまうえに

有害物質を吸収しやすくする

添加物が加えられていますので、

口元では薄まった煙を吸っているつもりでも、

肺から吸収する有害性の量は

数字の大きいタバコも小さいタバコも

さほど変わりません!

 

また、少しづつ本数を減らして、

禁煙しようとする人もいますが、

途中でニコチン切れ症状が出て

挫折することも多く、

それよりも禁煙の薬を使用して

きっぱりと禁煙することをオススメします。

インターネット収入の入門書 ゼロスタート、月5万円10万円、 年収1千万円、億万長者まで

再喫煙を防いで禁煙を継続する

いったん禁煙していても、

再度タバコを吸い始めてしまう人がいます。

 

これを「再喫煙」と呼びます。

 

「3ヶ月も禁煙したのだから、もう大丈夫だろう」

とか、

「ここまで禁煙したのだからご褒美の1本」

 

などと軽い気持ちで吸ってしまって、

数日後には元の喫煙者に

戻ってしまったという人は後を絶ちません。

 

再喫煙を防ぐには、

「呼吸が楽になった」

「声が出やすくなった」

「仕事の能率が上がった」

「集中力が持続するようになった」

「家族から褒められた」

など、

 

禁煙して出てきたメリットに

注意を向けることが重要です。

【期間限定*終了に注意!】ノマスタ生からiesプログラムで成果続出!収入獲得へのイージースタート。今だけのiesレクチャー逃さないで!次回を表示した時は無いかもしれません

禁煙のススメ!!(受動喫煙のリスク)

受動喫煙のリスク

受動喫煙とは、

自分の意思とは関係なく

タバコの煙を吸わされてしまうことを指します。

 

受動喫煙にさらされると、

ガンや脳卒中や心筋梗塞、呼吸疾患

だけでなく、

精神疾患(うつ病、うつ状態)や認知症

などのリスクも高まります。

 

妊婦や赤ちゃんへの影響はさらに重大です。

 

妊娠中の受動喫煙によって、

流産や死産、早産などのリスクが高くなり、

低体重児の出産も増加します。

 

また、出生後には

乳幼児突然死症候群(SIDS)、

呼吸器症状(せき・たん・息切れなど)

気管支炎、肺炎、中耳炎

などが増加します。

フォービット

喫煙室も受動喫煙防止にならない

受動喫煙は微量でも有害であり、

完全に防がなければなりません。

 

ところが煙は非常に拡散しやすく、

屋内では1秒に7m広がるといわれており、

屋外では風に乗って

17m~25mくらいも広がります。

 

換気扇の下で喫煙していても、

煙は残ってしまうので、

受動喫煙の防止にはなりません。

 

喫煙室を設けていても、

出入りのドアから

タバコの煙が漏れ出しますので、

やはり受動喫煙の防止にはなりません。

 

ベランダ喫煙でも、

扉の下のすき間から屋内に煙が侵入します。

【24】BMTSprogram(business mentalpsychological technique school-program)

三次喫煙(サードハンドスモーク)

目の前に喫煙者がいて受動喫煙を受ける

「セカンドハンドスモーク」(二次喫煙)

だけでなく、

目の前に喫煙者がいないにもかかわらず

受動喫煙にさらされる

「サードハンドスモーク」(三次喫煙)

も問題とされるようになってきました。

 

壁やじゅうたんに吸着したタバコの煙は、

その後長年にわたって蒸散します。

 

これが三次喫煙です。

 

三次喫煙のもう一つの例が、

屋外で喫煙し戻ってくる場合です。

肺に残った有害物質は吸い終わってから

長時間にわたり呼気とともに出続けますので、

吸い終わってすぐに屋内に入ると

受動喫煙を生じることになります。

 

髪の毛や衣服に吸着したタバコの煙も

屋内に入ってから拡散しますので、

屋内にいる人たちに受動喫煙を及ぼします。

 

このように、

喫煙はご自分の健康だけでなく、

周りの大切な人の健康までも

奪ってしまう可能性がありますので、

禁煙する大切さを考えてみませんか?

 

以上、「禁煙のススメ」でした。

最後まで、ご覧いただき誠にありがとうございました。